雪乃その恋(1)

画像

登場人物の紹介
主人公          雪乃37歳(現在の年齢)
雪乃の母 照代59歳(連れ合いは雪乃が10歳の時に離婚)
雪乃の叔母(母の妹)  美代子48歳( 同じく )
美代子の夫       哲也50歳( 同じく )
中学時代の恩師     高野治夫60歳( 同じく )

プロローグ
雪乃には人には言えない「性体験」があった。
其れは雪乃が小学6年生の時であった。
雪乃に取っては「曽祖父」に当たる圭三爺さんが亡くなって、
その通夜の晩、集まった30人程の親戚が、
通夜の客が途絶えた頃、「一眠りしよう」という事で、
二階の三室をぶち抜いて布団を敷き、
雑魚寝の様に寝付いた時であった。
雪乃は胸に重たさを感じて目を覚ましたのだ。
隣には母の妹(美代子)の夫(哲也)が眠っている。
その哲也の手が、未だ膨らみ掛かったばかりの雪乃の
乳房の上に有った。
「いやらしいお兄ちゃん(雪乃は叔母で有る美代子を、
お姉ちゃんと呼び、哲也をお兄ちゃんと呼んでいた。
「手を退かしてよ」と心の中で思いはしたが、声に出してはいえなかった。
哲也からは鼾も聞こえ「わざと遣っている」様には思えなかったので、
ここで騒いで恥をかかせては、と六年生乍気を使う女の子であった。
身体を横向きにして、哲也の手をそっと払い退けるだけだった。
そして眠りに付こうとしたホンの数分の後、又しても哲也の手が
伸びて来た。、今度は大胆にも横向きに成った雪乃の尻の辺りに
触れてくるのだ。そしてパジャマのズボンのゴムに手を
掛けて来るではないか。雪乃は身体をずらして逃げようとしたが
隣には弟の健一がピッタリ寝ていて身動きが出来ない。
その内に哲也の手はパジャマの中に入りパンツ越しに雪乃の尻を
触って来るのだ。
「辞めてよ」と小声で哲也に向けて言うと動きは辞めたが、手は尻に
触った侭である。
「声を出すわよ」と再び咎めると哲也は手を引いた。
其れからは雪乃は一睡も出来なかった。
そして朝に成って気付いた事はパンツに薄っすらと染みが出来ていた。
哲也の行為に雪乃は濡れて仕舞ったのだ。

第一章
雪乃は高校生に成ってからも、「お通夜」の出来事がトラウマに成って、
「男は嫌らしい」存在としか思えず、男友達も出来なかったが、
身体は並み以上に成熟し、女としての性欲が無い訳じゃない。
身体は男を欲しても、心が男を拒否する状態が続いて居るのだ。
夜毎のオナニーで「イク」と言う感覚を経験している雪乃は、
嫌らしい男に抱かれるよりも「思う男」を「夢想」してオナニーに、
浸る方がよっぽど“まし”だと思い込んで居る時期だった。

雪乃が「思う男」とは中学三年の時の担任で「国語と社会(歴史)」
を受け持った“高野治夫”である。
当時高野は「県教職員組合」の書記も遣って居て、思想的には
「反体制側」、その授業も文部省のカリキュラムからは逸脱した、
独特の物で有った。
国語の中でも「古文」の授業に成ると、何時しか「歴史」の授業と
入れ替わってしまう、と言う様な感じで、
「万葉集・源氏物語や徒然草」等の時代背景や、
性風俗に及ぶ等、十代の生徒達にはチョツト刺激が強すぎると、
思われる話も臆面もなく始めるのである。
その授業風景を再現してみよう。

「お~い、是からの話は、女子は耳を塞いでおけ」
きゃきぁ言いながら女生徒達は、耳を塞ぐ振りしながらも
興味深々で聞き入るのである。
「女の性器を、お○ん○、と言うが語源は何処から来たと思う」
「これはだな、源頼朝の妻北条政子、から来ているんだ」
「日本の歴史の中では、男尊女卑は明治時代になってからの事で、
天平の時代から、江戸時代まで、女の力は男以上で、
政治にも女の意向が強く反映し、人事も女の一言が、影響してたんだ」
「天皇も女性天皇が何人も出ている事からも、それを裏付けている」
「北条政子の本来の呼び名は北条まんこ、と言うのが元もとの呼び名で、
家臣達は、お○ん○様と呼んでいたんだ。」
「「お○ん○」が広く女性性器の俗称になって居る事で明治になって、
学校現場や書籍の中では、北条まさこ、と呼ぶように成ったのだ」
“ま○こ”は決して卑猥な言葉では無く、将軍家の奥方を、
政所(まんどころ)様と呼び、
お○ん○様は最上位の女性の称号だったのだよ」

と言う様な具合で歴史教育は真実を伝える物でなくては成らない、
という信念から、時には父兄が目くじら立てる様な話も授業の中で
話して聞かせる教師であった。
そんな気さくで飾らない性格から、生徒達からは信頼され慕われていた。
日頃は「受験の為の勉強はするな」と言って憚らない高野も、
一人、一人に対しては親身に成って受験相談に乗る優しい先生である。

第二章
中学時代の雪乃の成績は何時もクラスでトップ、
全校生の中でも一位、二位を争う程に優秀であった。
男友達の噂も無く成績は優秀でクラスメートからは「ガリ勉」
とあだ名されるほどで有った。
高校受験を控えて、「志望校は決まったか」の高野の問いに、
母子家庭の経済事情では雪乃の描いている「夢」を
母親には語る事すら憚れる気がして、雪乃は悩んでいた。

学友は皆夫々の「志望校」を決めて、それなりに受験体制
に取り組んで居る中で、一人雪乃は毎日が悶々とした侭で過ぎていく。
そんな雪乃の暗い表情に気付いた高野は、放課後ジックリと
話を聞く機会を作ってやった。

「雪乃、今のお前の成績なら、県立はおろか私立の有名校だって
合格は間違いないぞ」
「何か心に思う事が有るなら言って見ろ」

「先生、私は将来医者に成りたいです」
「医者になって、無医村の過疎地に行って、老人や子供、
医者が居なくて子供も生めない、と悩んでいる人達の
手伝いがしたいんです」
「でも今の私の家の経済状態では医学部は目指せません」
「こんな話を母にすれば、母を追い詰めるだけで
これ以上母に苦労はさせられません」

「雪乃の夢は素晴らしいと思うよ、良く話して呉れたね」
「その夢は是非実現させたいね」
「母子家庭に対する「奨学金制度」は「国や県や市」の
公的制度も色々有るし、私的財団などの助成制度も
調べれば有ると思うよ」
「俺が徹底的に調べてあげるから、お母さんにもお前の
夢を話して上げなさい」
「お前の夢を実現させる為にも、家族の協力は不可欠だよ」
「学費の負担はお母さんにさせずに、お前が世の中に出てから、
おまえ自身が返済して行くんだよ」

「そんな事が可能ですか」

「可能さ、世の中は良く出来たもので、努力する人間には
必ず救いの手が用意されて居るものだよ」
「俺の教員生活の中でも、雪乃位優秀な生徒は居なかった」
「学費など事は俺に任せてお前は勉強の事だけ考えて居ればいい」


そして数日後、授業が終った時に高野は雪乃に語りかけた。
「雪乃、幾つかの資料を取り寄せたから、お母さんの都合を
聞いて、一度学校に二人で来てくれ、早い方が良いが、
今週末、如何だろうか」

「母はパートで働いてますが、先生から話が有ると言えば
何時でも時間は作って呉れるはずです、今日帰ったら
話してみます、土曜日で良いですね」

「あぁ昼一番で来てくれる様に話してご覧」

20年も前の未だ雪乃が中学時代は、
今の様に隔週5日制等では
無く午前中は毎週授業が有る時代で有った。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック